言葉が人生を作る

言葉が人生を作る?
いとう
いとう
はぁ~?って感じですかね。

言葉が人生を作るなら、いくらでもいいことを言うよ!

って、内心思っていませんか?

でも、わかっちゃいるけど、実際は言葉の使い方が間違っていることが多くあるんです・・・

 

言葉(言語)とは、世界を理解するために人が同意した1つの道具です。

「りんご」と言ってください。 まんまるとした赤いリンゴが思い浮かんでくるのではないでしょうか? 言葉を読むとはっきりとイメージ(絵)を思い描くことができたと言うことです。言葉から触発されるイマジネーションによって、どこでも旅することできるし、言葉によっていろんな想像力を使って経験を作っていくこともできてしまうのです。言葉には、文字通り世界を作る力があるのです。 「言葉を変えると人生が変わる」著:クリスティーナホール

言葉の使い方を変えることによって、全く違う人生を経験させることができるということですね。

言葉で人を怒らせることもできます。

言葉で人を喜ばすこともできます。

あなたは普段どんな言葉を使っていますか?

 

いい言葉ですか?

それとも悪い言葉ですか?

 

この話は深いので

続く・・・にしときます。

PS

NLPを学び始めてから14年が経ちました。

クリスティーナからも、いろいろ学びました!

NLP心理学を体系立てた偉い方です。

ありがとうクリスティーナ(‘◇’)ゞ

 

 

関連記事

  1. 運命について

  2. 志高く生きる

  3. 年末年始のご挨拶

  4. 頭痛緩和蒸しタオル療法

  5. ほめ方講座

  6. 人生よくなる考え方の本です。

PAGE TOP